山形県内でのイベント・講演会情報はこちら 

 

平成28年度日本自然保護大賞に入選しました!

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの調査研究活動は一般財団法人セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。紹介ページはこちらです!

また、2016年度に団体の代表が第19環境NPOリーダー海外研修に参加しました!

 

平成2829年度の環境教育事業「ワイルドライフ・ワンアクション」はSAVE JAPANプロジェクトの助成を受けて行っています。また、本事業は山形市市民活動支援センターと協同で実施しています。

平成28年度の環境教育事業「山形Wildlifeフィールドステーション」の活動の一部は「平成28年度 県民みんなで支える森・みどり環境公募事業」の補助を受けて行っております。

 

平成28年度 山形県環境学習支援団体に認定されました。 

平成28年度の環境教育事業の一部は荘内銀行ふるさと創造基金の補助を受けて行っております。

 

17回環境やまがた奨励賞 受賞しました!

生物多様性アクション大2015

審査員賞受賞しました!

ご予算や内容に合わせてイベント・企画展・講演会など承ります。当会所蔵資料貸し出しなどのご用命も承ります。お気軽にご連絡ください。

 

Copyright(c) Wildlife Partnership Office. All rights reserved.

 

現在、やまがたヤマネ研究会では大学生・大学院生などのボランティアを募集しています。募集内容には、「野生動物の調査ボランティア」と「環境教育スタッフボランティア」の2種類があります。

 

在学中に野生動物の調査現場や環境教育を経験したい方、将来の就職先として環境教育や環境アセスメント調査に興味のある方、動物や植物好きな方・・・実務実践型のインターンシップ先としてぜひご活用ください。

 

*ボランティアには無償・有償のものがございます。下記をご覧の上お問い合わせください。

地域に役立つ情報の蓄積と研究を行っています

野生動物調査ボランティアでは1日終了型のものと数日宿泊型があります。

調査の内容は、希少野生動物のモニタリング(テレメトリー、定点観察、捕獲採集)です。

(調査によって有償・無償のものがあります。また、調査内容によっては、企業秘密や個人情報の漏洩防止のための契約書へのサインを求める場合があります。)

 

1日終了型の調査】

随時受け入れを行っています。

年度や天候などによって調査内容が異なりますので、氏名、年齢、所属、学生、希望の調査対象種(哺乳類)もしくは調査内容などを記載の上、担当者までお問い合わせください。

 

【数日宿泊型】

定期的に募集を行っています。

 

連絡先:やまがたヤマネ研究会 担当(中村 yamagata_yamaqne@ybb.ne.jp

↓↓泊型調査のスケジュール例です(離島以外にも本土の宿泊調査もございます)
飛島調査(8月)スケジュール.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 629.2 KB

生き物と向き合う&一人一人と向き合う 特別な時間を作り出します

 環境教育スタッフボランティアでは1日終了型のものです。

環境教育イベントの内容は、年度によって異なりますので、こちらでご確認ください。

(各イベントによって、有償・無償のものがあります)

 

随時受け入れを行っていますので、氏名、所属、学年、参加希望のイベントを記載の上、メールにてお問い合わせください。

 

なお、メールでのイベントの打ち合わせや保険加入もありますので、イベント開催2週間前までにご連絡ください

 

連絡先:やまがたヤマネ研究会(担当 中村 yamagata_yamane@ybb.ne.jp