糞分析イベント終了報告⑧ in 山形大学

副会長 小城です!

先日の12月6日(土)に山形大学で糞分析イベントを行いました(^^)


今回は参加者の方が少なかったのですが、そのぶんスタッフが細かくお客さんの様子を見ることができました!


今回そろえた糞は、リス・ムササビ・カモシカ・イノシシ・クマ・テン・オコジョ等々いろいろなものをそろえました!これまで調査地で集めてきましたが、種・季節によっていろんな違いがあるもんです(@_@;)


←どの動物のフンをやるかみんな真剣に選んでます!!

 糞と聞くとなかなか抵抗感のあるものですが、野外で直接観察することが困難な動物の生活を知るためにはとっても有用な調査方法なんです。

いつ・何を食べているのか、どれぐらい食べているのか少しでも彼らの生活をのぞくことができちゃうんです★

人間でも便は健康のバロメーターというぐらいですからね~。いろんなことがわかりますよ♪

まずは種・採集地・採集年月日などを記録して…重さを量って…。

堅さ、におい、色などをチェックしました。


みなさんやはり抵抗があったようですが、と~っても大事な情報なんですよ!!


そしたらひたすら洗う!洗う!洗う!!!

洗い終えたら、中に何が入っているのかチェック!


たとえ植物食の動物でも季節によって少しづつ違っていて面白いですねぇ~

でもやはり、雑食性の動物はいろいろ入っていました!

ただいろんな種類がありすぎてお客さんたち大変そうでしたw



絵をかいて推理して…みんなで最終的に出た結果をまとめました!

みなさんすごくしっかり推理できていて彼らの生活をのぞくことができたのではないでしょうか?


それよりも驚かされたのは皆さんの集中力!

さすがというかなんというか、大学生でも集中力を持続するのが難しい実験を最後まで一所懸命取り組んでいて頭の下がる思いです!


ぜひ、今回の体験を活かして自然の中で見つけた動物たちの痕跡から彼らの生活を想像していただきたいです!

みなさんお疲れ様でしたm(_ _)m!!