2016年イベント終了報告③1日野生動物獣医体験

10月15日(土)に河北町児童動物公園で「一日野生動物獣医体験」開催しました!

もー紹介したい写真いっぱいあるけど、絞りにしぼって終了報告します!

まずは最初の講義!

 

鳥獣救護所ってどんなところ?

獣保護員ってどんなお仕事?

弱ってる野生動物見つけたら?

みんな一生懸命聞いています!

 

ちなみに今回の講師の皆様!

鳥獣保護員の小関さんと野生動物獣医の東さん、小野寺さん

なかなか個性的なメンツがそろっておりますw

 

ちょっと東さん眠そうですねww

今回は話は短め!

 

とにかく体験!

2Fではミカンの皮と身の間に食紅を注射する模擬注射体験(もちろん針は使ってません☆)

 

東さん!自分の腕刺しちゃだめですよ!

 

初めて見る風景に興味津々…

やってみると結構難しいですよね!

1Fではウサギの心音を聞く体験!

 

小野寺さんの聴診器の使い方の説明、面白かったですねー!小野寺さんに質問されて、大人のみなさんタジタジでしたねw

うちのイベントは参加した以上全員参加ですからねww

 

まずは抱っこすることから~。

意外とここが大変かと思っていましたが、みんなすんなり。人間より早いウサギの心音聞いて感動してくれてました!

 

ちなみにみなさん自分の心音も聞いていましたが、聞けないお母さんが小野寺さんの心音を聞かせてもらっていましたw

なんとなく写真は載せませんw

 

 

あれれ・・・?

いつの間にかウサギ抱っこ会になってませんww

みんな上手に抱っこしてました~!

今回は野生動物にかかわる人たちの中でも、野生動物を救う人たちに焦点を当ててみました。

 

 野生動物たちを救う人たちの姿を見て、今起きている獣害や外来種問題などの野生動物問題について皆さんが少しでも考えてもらえるといいな(^^)

 

ちなみに、山形新聞さんでは「獣医体験」って書かれてました・・・。「野生」が大事なのに!!!! 

 

(↑模擬注射後のミカン皆さんに食べてもらいました 笑)