2017年イベント終了報告①イヌワシ(SAVE JAPANプロジェクト)

2017年一発目のイベントは「イヌワシのがやってくる!空の王者の今を知ろう」 in 山形大学でした!

前日はあいにくの雨…もしかしたら飛ばせないかも…なんて不安がよぎる中、なんと当日はちょうどよい感じのうす曇り!ただ、講演会会場の体育館が寒い!!!!

今回の参加者は57名3歳から84歳まで、とても幅広い年齢層の方が来てくださいました!!

皆大丈夫でしょうか…(― ―;)

 

今回のイベントの講師の先生はイヌワシの森倶楽部 代表 高橋誠さんです!

この日のために貴重な映像・写真を用意してくださいました!

森に生きる生き物・イヌワシとの関わりいろいろな話をしてくださいました。なかなかレベルの高いお話だったのに皆さん一生懸命聞いていました!

 

山形大学の体育館を使用させてもらったのですが、暖房器具がない中、皆さん防寒対策ばっちり。

集中してましたね~。

 

スタッフの方が意外と薄着で、みんな少し震えていましたw

 

 

イヌワシの森倶楽部さんが用意していたイヌワシ(幼鳥)のかぶり物!あたたかそうです…w

 

スタッフの中にはガッチャマンに見えたそうですwごめんなさい。僕世代ではありません。

分かるけど。

次の講師の先生は鷹使いの松原英俊さん!

 

イヌワシの崑崙(コンロン)君を連れての登場です!まずは館内でご自分が鷹使いになられた経緯や体験について話してくださいました。

 

因みにこの写真は僕がマイクを向けながら撮りました。位置関係的に崑崙君に「ヤラれる…」と覚悟してしまいました(^^;)イヌワシ近くで見るとでかい!怖い!かっこいい!

さて、屋外に出てイヌワシ飛びます!

①櫓の上のイケメンな松原さん

②崑崙君飛びます!

周囲を飛んでいたカラスが警戒の鳴き声を上げて飛び回っていました!やっぱり王者なんですね~

 

③飛んでる崑崙君(うまくピントが…(;_;))

④今回は闘争心の強い軍鶏。イヌワシとの戦いは圧巻でした!

崑崙君が一週間ぶりの食事に一生懸命。

 

食べられる軍鶏と食べるイヌワシ。

命のつながり・生態系を感じられる瞬間でした。

お客さんも固唾をのんで見守っています。

 

生きる事とは何なのか。自分たちが普段だと見過ごしてしまっていることを改めて突き付けられたような気持でした。

松原さんへの質問タイム!

あれだけの圧巻のシーンを見た後なので、皆さん高橋さん・松原さんにたくさん質問していましたね~

 

たまたま通りすがった居合愛好家のみなさんも足を止めて、聞き入っていましたw

 

ですよねw

山大でイヌワシ飛んでるんですもんねw

今回はみなさんいかがだったでしょうか?

 

イヌワシという巨大な猛禽類が生きていくために必要なもの、彼らの生態系での役割いろいろな話がありました。自然のバランスはそれぞれの生物がいることで保たれています。

彼らの住んでいる自然、せっかくだからしっかり感じてください!

 

崑崙君カッコ良かったですね!

今度は野生のイヌワシも見に行きたいなー!!

(文・写真:小城)