山形県内でのイベント・講演会情報はこちら 

 

平成28年度日本自然保護大賞に入選しました!

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの調査研究活動は一般財団法人セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。紹介ページはこちらです!

また、2016年度に団体の代表が第19環境NPOリーダー海外研修に参加しました!

 

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの事業の一部は荘内銀行ふるさと創造基金の補助を受けて行っております。

 

平成2829年度の環境教育事業「ワイルドライフ・ワンアクション」はSAVE JAPANプロジェクトの助成を受けて行っています。また、本事業は山形市市民活動支援センターと協同で実施しています。

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの活動の一部は平成29年度やまがたみどり環境税の補助を受けて行っております。

 

平成28年度 山形県環境学習支援団体に認定されました。 

17回環境やまがた奨励賞 受賞しました!

生物多様性アクション大2015

審査員賞受賞しました!

ご予算や内容に合わせてイベント・企画展・講演会など承ります。当会所蔵資料貸し出しなどのご用命も承ります。お気軽にご連絡ください。

 

Copyright(c) Wildlife Partnership Office. All rights reserved.

2017年イベント終了報告②となりのケモノ@米沢

3月4日(土)・5日(日)の二日間、米沢市有害鳥獣対策連絡協議会の委託を受け、米沢の南原地区と山上地区で「~身近な野生動物の生態学習会~となりのケモノ」を開催しました!

両日ともに定員オーバー!

実はうちの会で1回分では最高の人数でした…( ̄  ̄;)

 

今回は獣害や野生動物とのこまった事を考える前に、まずは彼らの生態を知ってみたいとのご相談を頂き、開催することができました。

色々なところで対策について聞かれますが、我々としてはまず生態を知ろうとされている地域の方々の気持ちに感動しました!

 

それではイベント終了報告いっきまーす!!

 

今回はクマとイノシシにトピックを絞ってみました。

 

クマの話をする前に、まずは動物見分けるクイズ~☆

っと…みなさん優秀でほぼ全員正解でしたww

 

イノシシクイズは途中から難しかったかな?「平均」という言葉に皆さん引っかかったみたいですw

 

野生動物は生まれてすぐ亡くなることが多いので、平均寿命は若くなるんですよ~。

あとは意外な体重の軽さにびっくりされてましたね☆大きい話はよく聞くんですが、全部が全部オットコヌシ様ではありません 笑

 

 

昔の人たちはシシ垣、落とし穴、おどし筒など色々な手を使ってイノシシの侵入を防いでいたんです!もちろん猟師の立ち位置もとっても大事!でも猟師さんだけではなかったんですね~。あの手この手とはこのこと…。

 

←←意外と昔スタイルが似合っている後輩君(左側)とさすがの今ハンター江本さん(右側)

 

 

 

今回はいらしてた女性ハンターさんにもお話聞かせていただきました!

 

今季は猟はお休みしていたようですが、県内でも数少ない貴重な女性です!

 

5日の山上地区は少し少なめな人数でしたが、皆さん熱心に話を聞いてくださってました!

 

この日は米沢興譲館高校の生徒さんはじめ、15~22歳くらいのお客さんが来てくださいました!これくらいの年齢の方が来てくださるのって嬉しいんですよね~。

 

 

        

 

         はい、どーも僕です 笑

ということで、シシ肉義経焼です。

 

山上地区では代表の皆さん方がおにぎりと漬物を用意してくださいました!

 

勉強会中に廊下からい~い匂い!

配膳を始めたら台の周りには人だかり!

なくなるおにぎり!

飛び交う「お漬物有ります」の声!

 

えぇ、まるで戦場のようでした…。

 

なので義経焼の写真は撮れていません 笑

 

食べる皆さんの笑顔、サイコーです!

 

おいしいものって幸せになりますよね☆

みなさんからハナマル頂きました!

 

イノシシの新たな魅力感じてもらえましたか??

今回はなみかた羊肉店さんに「義経焼」のお名前貸していただきました!

「是非使ってください」とご快諾!行方さんにも食べていただきたかったですね~

 

食べたら、まとめのお話。

 

みなさんほんとにありがとうございました~。

お客さん達は帰りに標本や毛皮に興味しんしん!

さすさす…。

 

さすさす…。

 

さすさす…。

 

 

小城