山形県内でのイベント・講演会情報はこちら 

 

平成28年度日本自然保護大賞に入選しました!

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの調査研究活動は一般財団法人セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。紹介ページはこちらです!

また、2016年度に団体の代表が第19環境NPOリーダー海外研修に参加しました!

 

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの事業の一部は荘内銀行ふるさと創造基金の補助を受けて行っております。

 

平成2829年度の環境教育事業「ワイルドライフ・ワンアクション」はSAVE JAPANプロジェクトの助成を受けて行っています。また、本事業は山形市市民活動支援センターと協同で実施しています。

平成29年度のモモンガレスキュープロジェクトの活動の一部は平成29年度やまがたみどり環境税の補助を受けて行っております。

 

平成28年度 山形県環境学習支援団体に認定されました。 

17回環境やまがた奨励賞 受賞しました!

生物多様性アクション大2015

審査員賞受賞しました!

ご予算や内容に合わせてイベント・企画展・講演会など承ります。当会所蔵資料貸し出しなどのご用命も承ります。お気軽にご連絡ください。

 

Copyright(c) Wildlife Partnership Office. All rights reserved.

2017年イベント終了報告⑥外来魚捕獲作戦(SAVE JAPANプロジェクト)

6月10日(土)に損保ジャパン日本興亜株式会社が支援するSAVE JAPANプロジェクト2016-2017の2回目「考えよう 山形の未来の水辺 外来魚捕獲大作戦!!」を開催しました!!

 

お客様は42名、下は4歳~上は70歳前後(ヒミツ☆)の老若男女の方々が来てくださいました!

 

実施場所は山形県山辺町の荒沼、霞城セントラルから皆さんで一緒にバスで向かいました。

当日は、あいにくの雨…。

前日晴れてたのに…。

 

きぃぃぃぃぃぃぃ!!!!

 

すでに現場入りしているスタッフからも「雨と風がひどいっすよ…」

 

でも大丈夫!ヤホーさんの雨雲レーダーによるとイベント中は晴れるはず!と信じて向かいました…。

 

バスで現地に向かう間、僕が今回のイベントの趣旨説明、外来種(国内外来種含む)、外来種の原因等についてお話をさせていただきました。

 

続いて、僕が学生時代がからお付き合いしている山形大学理学部の半澤直人教授に荒沼に生息している特定外来種、ブラックバスとブルーギルについてお話ししていただきました。

先生!ちょっとかっこよかったですよ!!

 

バスに乗っている間は、雨降ってたんですけどね~

 

けっこう降ってたんですけどね~~~

 

 

現地に着くと…。

なんと晴れ!!!!!

 

僕、晴れ男でした!!!!

 

すごくないですか!!??

 

ということで、山形県県民の森野営場にてスタッフ紹介を行いました!

 

この日の講師の方々は3人、先程の半澤先生、山形県立博物館の本間正明さん、元内水面漁連の樋田陽治さん。

このメンバーがそろうのはなかなか奇跡的!

 

そのほかに山形大学の学生さんたちが手伝ってくれました!

 

先釣りで準備したブルーギル。

 

会場に向かう途中で、釣り人さんがくれたオオクチバス。

 

多分これが釣れます!

 

 

 

 

先程のオオクチバスのおかげで、僕の顔が小さく見えます 笑

 

しかも、口の中にはブルーギルが入っていました!

 


 

まずはのべ竿での釣り方練習!

うまく振れるかな~?

 

なかなか難しいですよね(^^)

僕も釣り素人なので、気持ち、よ~く分かります!

 

この段階でみなさん結構はしゃいでました 笑

 

 

グループに分かれて、出発!!

 

 

 

さてさてこのポイント釣れるかな~?

 

釣れた!!

 

釣れた魚はすぐに観察!

 

こちらはブラックバスですね~

 

 

こんなちびサイズもたくさん!

 

 

釣りの合間にポーズ!!

 

お父さん…

 

あ、長靴装備だから平気か…

 

大人が本気出すとこうなります 笑

 

講師の先生にブルーギルの特徴などを教えてもらいます!

 

解剖してみると、メスのお腹には卵、オスは押すと(!?)精子が!

産卵期のようですね~

 

 

胃内容を調べるとカゲロウなど水生昆虫を食べていたようでした。

最後に皆で集まって集計作業!

 

なんと165匹ものブルーギル、ブラックバスが釣れました!

 

驚きの数です。

 

でも、これらの外来魚は外来生物法に従って殺さなければなりません。

 


外来魚の存在は結果的に悪い事を引き起こしていますが、彼ら自身が「悪」なわけではないのではないでしょうか?

ブラックバスやブルーギル以外にも国内産の外来種もいます。

 

このイベントは駆除が目的ではありませんでした。

 

命の大切さについて、またなぜ彼らは殺されなければならないのかについて、考えたりお話ししたり、釣りしてみたり、何か一つ行動をとってもらいたいな~という思いからイベントを行いました。

意識するだけでも結構です。

ぜひ皆さんもできることから何か一つ、ワイルドライフワンアクションヽ(^。^)ノ!!!

 

※今回捕獲された魚類はブラックバスとブルーギル。外来生物法に従い、現地での死亡を確認ののち、適正な処理のもと処分しました。

今回は多くの皆様にご協力いただきました!講師の皆さん、学生のみなさん、山形県環境エネルギー部みどり自然課の山田さん、山形県内水面漁連さん、作谷沢漁協さん、本当にご協力ありがとうございました!

ちなみに今回は特別にtwitterで人気のイラストレーターさんのツク之助さんにもイラストのご協力いただきました!

超可愛い外来種についてのイラストをお客さまに配布できました!

ツク之助さんありがとうございました!!

@tukunosukeで検索!!

←画像をクリックするとツク之助さんのtwitterに飛びます!