2017年イベント終了報告20 モモンガレスキュープロジェクト最終回

 

とうとうやってきました!

モモンガレスキュープロジェクト最終回の第4回目!

 

今回は講習ではなく認定試験と認定式!

 

筆記試験を受けるレンジャー・親子レンジャーの親御さんは緊張している様子です(^^)

 

我々としても全員合格していただきたい!

では、レッツゴー!!!

 

 

筆記試験を受けない親子レンジャーの子どもたちは学生スタッフが用意してくれた別メニュー!

 

お父さん・お母さんに頑張れって応援してね!

って思ってたら親のことは放っておいてとっとと散策に行きましたww

 

 

では、緊張の瞬間です!

 

まずテストの説明を受けて…。

みなさん表情が固い…笑

 

レンジャーの子たちは学校でなれてるのかな?

親子レンジャーの親御さんたちの表情からはひしひしと緊張が伝わってきました!

真剣な表情(正座!)

考えております(実は正座!!!)

さすが子どもたち、テスト慣れしていますな。

悩んでおります(正座!!)

迷っております(正座!!!!)

会長作成のひっかけ問題、悩んでるね~


なぞの親御さんたち全員正座 笑

 

まじめな皆さんの姿を拝見しながら、全員のコラボに失礼ながらクスっとなってしまいましたm(_ _)m

 

 

 

筆記試験が終わり、囲炉裏の周りで答え合わせをする大人たち…。

スタッフの一人が筆記試験22点中12点だったことが相当心配にさせているようです 笑

 

レンジャーたちは気にせずさっさと休憩をしていました(^^)

 

 

 

 

 

ちなみに筆記試験の間、親子レンジャーの子どもたちは拾ったものを使って、写真パネルづくりをしてキャイキャイしてました☆

何やらいろいろ拾ってきた模様

飾り付けが済んだら写真を貼って終了!

女子はこの年からすでに女子らしい…

落ちていた釘を刺すという中々エキセントリックな出来!


 

筆記試験終了後は、親子レンジャーの子どもたちも合流しての実技試験!

今回は

①調査の時と同じように巣箱内のスケッチ

②傷ついた動物の移送方法

についてです!

 

さて、うまくいくかな~??

巣材の入った巣箱をじっくり観察…

よーく見たらすかさず記録!!

人にわかるように、正確に描けるかな?

描いている息子たちをやんわりと軌道修正する大人の図

この後、彼は素手で鳥を捕まえます。

なにが入ってるかな~?しっかり観察してね(^^)

記入する息子に対する目が…お父さん!目が怖いです!

「ねぇ、これなんの木の巣材?」それ答えられないから!!

続いて移送方法!どうだっけ~なんて声があちらこちらから…

人形だけど本物だと思って!!


 

 

試験が終わって一安心♪

 

合否判定のどきどきをみんなで食べるお昼ごはんが紛らわしてくれましたね~

 

 

 

 

 

レンジャーたちは慣れたもの。

 

テストが返ってくるまでにさんざんはしゃいでおりました 笑

 

 

食後は認定式。

合格発表と修了証の授与を行います!

 

まずは今までの回の写真やセンサーカメラの結果を見て、ここまでの軌跡を楽しみました!

 

 

まだまだ焦らしますよ~(^ω^)

 

それでは、合格発表!!

 

デレデレデレデレデ―――――ン!!!!!

(ドラムロール)

 

全員合格でした!!

レンジャー4名、親子レンジャー4組!

全部です!

しかもかなりの高得点!

 

テストが返されてとりあえずみんなホッとした表情ですね~。

 

最高得点33点満点の人もいました!

 

 

この後、終了証と記念品の贈呈を行いました。

 

 

授与式の様子 ↓↓

記念品(モモンガフェルトバッジ)もらってポーズ!

モモンガフェルトは作家さんの手づくりなので、一つ一つ顔が違う!

女子4人で見比べてました!

モモプロクッキーとヤマネ研究会認定クッキーでニヤリ☆

モモンガレスキューレンジャーに認定されたことで、これで皆さんに調査のお手伝いお願いできますね♪


全4回のモモンガレスキューレンジャー育成講座、無事終了しました!

 

座学や実地研修など大変なプログラムだったかと思いますが、みなさんが一生懸命努力してくださったので、無事に全員合格となることができました!

 

残念ながら調査の中でモモンガを実際に観察することはできませんでしたが、引き続き皆さんのかけた巣箱を調査に使っていきますので、利用された時は連絡しますね!!

 

みなさんお疲れ様でした!!!!