2017年 寒河江学童さくらっこクラブさま学習会

 

ども~。

代表中村でっす。

めずらしく小城がスタッフとしていなかったので、今回は私の報告です☆

 

12月22日(金)に寒河江市の学童「さくらっこクラブ」さまよりご依頼いただいていて、体験学習会を行ってきました。

 

 

 

まず最初は身近な野生動物の生態学習会!

 

みんな一生懸命聞いてくれて、「身近な哺乳類何がいる~?」と質問すると、8種類の野生ほ乳類の名前を答えてくれました!

 

中には「ハクビシン!」や「ニホンリス」と答えてくれた子も!?

 

良く知ってますよね~(^^)

 

続いて、野生動物についてのクイズ。

 

先生も子どもたちも参加してくれて、1番正答率が高かったのは1年生の女の子で12問中11問でした!!

 

 

みんな、ガッツポーズ☆

 

1問正解するたびに大喜びしてくれました!

 

 

 

ちなみに参加してくださった先生は7問正解…。

 

 

正解した時はこの喜び様!⇒

子どもたちと一緒に大はしゃぎでした 笑

 

 

9問以上正解したのが31人中9人という高正答率\(゜ロ\)

 

レベル高っ!!

 

 

 

クイズの写真を一生懸命見ています。

 

うちのイベントで良く出現するテンの毛皮(ポンタ)は相変わらずの人気でした 笑

 

みんな集中して画像を見ています!

 

集中すると自分の格好は気にならないみたいですね…笑

クマに出会わないようにする方法、出会った時にどうするかについて学びました。

自分の身を守るとっても大事お話、子どもたちは真剣に聞いてくれました。

 

クマの剥製をスタッフがかぶってくれたのですが…

歩いている時は「ちっちゃーい!!」

立ったら「おっきい!」

 

実際に見てみないと、こういうことはわからないですよね(^^)

 

少し休憩したあと、窓への衝突で亡くなったアカショウビンの羽を使って、ガラスドームのストラップチャームづくりをしました!

 

特に人工物と野生動物の間の事故は日々いろいろなところで起きていますが、それらが貴重な標本であるのも事実です。

彼らの遺物(特に羽根)を保存する時の方法等について説明をしました。

 

 

クマをかぶったり、チャームを作ったり、みんな体感して学習できたかな??

触れてみる、嗅いでみる、被ってみる!

学習するうえで最も大事なことですね。

 

あとは楽しんでもらえていればよいのですが…

 

おうちの人にこの体験で学んだことを教えてもらえるとうれしいですね☆

 

 

 

今回ははじめて学童で体験学習会を行いましたが、みんなとってもいい子ばかりでびっくり!

 

片付けは手伝ってくれるし、人の話を真剣に聞いて、わからないことは聞いてくれる!!

 

また、ぜひ呼んでいただけるとうれしいです!!

 

みんなで最後に集合写真!!⇒⇒